初心者のための相続情報サイト

相続税額の按分割合はどのように変わるの?

相続税額の按分割合はどのように変わるの? 相続というものは亡くなった人の残った財産を、親族間で分配する事をさし実際に分けた財産に対し税金がかかってくるため、亡くなった人のために使用したお通夜式や葬式代や、病院で亡くなった場合は入院費などの必要経費は通常は先に控除してから財産分配をするため、税金の対象外になります。
相続税についても、遺産が3000万円と法定相続人の人数に600万円をかけた金額の合計未満の場合は一切かかる事はありませんが、この金額以上になると税金がかかってきます。
法律で定められた分ける人数が3人の場合は4800万円から税金の対象となります。
不動産などは評価額があるため注意が必要です。
税金がかかる金額の財産を分けた場合、相続税法の基本通達によると各人の税金は財産をもらった割合で計算する事となっており、この割合が按分割合を意味しています。
割り切れる場合は問題ないですが、割り切れない金額の場合についてはみんなの合意の上で調整してよいという事になっています。
按分割合を限界まで計算する場合、申告書には小数点以下10ケタまであるため工夫すれば節税が出来ます。
配偶者の場合は税額軽減があるため、この部分を上手く活用する事が理想です。
遺産分配する時に家族全体の税負担を少しでも軽減する事はとても大切ですが、財産や按分の事でもめない事の方が亡くなった方の事を考えるともっと大切です。

相続時の割合の決め方

相続時の割合の決め方 遺産を相続する割合は、民法に定められています。
亡くなった人に配偶者がいる場合は常に遺産をもらえる立場にあります。
その次の順位として子ども、次が親と続きます。
配偶者のみがいる場合は配偶者が全てを相続します。
配偶者と子どもが残された場合は、遺産は半分ずつ分けることになります。
1,000万円の遺産があった場合は、配偶者が500万円・子どもが500万円です。
この時子どもが複数いる場合は、等分で遺産をさらに分けます。
先の例で子どもが2人いたら、配偶者が500万円・子どもが250万円ずつをそれぞれ受け取ります。
配偶者と親がいた場合は取り分が少し変わります。
配偶者が3分の2を、親が3分の1をそれぞれ受け取ります。
親が2人いた場合は子どもの時と同様、さらにそれを半分にします。
その次の順位は兄弟姉妹で、配偶者との割合はそれぞれ4分の3、4分の1です。
ただし、故人が正式な形で遺言書を残していた場合は違ってきます。
遺言書の内容は優先される性質があるため、それに則って遺産を分けることになります。
ただ、すべての遺産を愛人に渡すなどの遺言書が残された場合は、配偶者や子どもがいると困ってしまいます。
そのため、民法では遺留分として、一定の割合で残された親族が遺産を受け取ることができる規定を設けています。

相続に関するお役立ちリンク

相続

新着情報

◎2020/2/3

財産だけでなく負債もついてくる
の情報を更新しました。

◎2020/1/9

基礎控除額の計算方法
の情報を更新しました。

◎2019/12/12

相続に必要な処理は短期間で
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

相続を受けた場合の名義変更
の情報を更新しました。

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 割合」
に関連するツイート
Twitter

遺言は「遺留分」の減殺請求をされることも 遺留分とは、相続人が取得できる最低限度の相続分として民法が保証している割合のこと。遺言書などによって遺留分を侵害された相続人は、遺留分の財産を請求する権利があります。

Twitterシヴィル司法書士事務所@相続専門@civil_shiho

返信 リツイート 15分前

共有持分 複数の人が一つの物を共同で所有しているとき、それぞれの人がその物について持っている所有権の割合を「共有持分」という。 相続が発生し、3人の子が1つの土地を相続したとき、遺産分割をする前の時点では、各相続人の土地に関 #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K_fudosan

返信 リツイート 7:46

遺言は「遺留分」の減殺請求をされることも 遺留分とは、相続人が取得できる最低限度の相続分として民法が保証している割合のこと。遺言書などによって遺留分を侵害された相続人は、遺留分の財産を請求する権利があります。

Twitterシヴィル司法書士事務所@相続専門@civil_shiho

返信 リツイート 昨日 15:34

相続人の財産は、相続開始から相続人全員の共有財産となります。遺産の分割には現物分割、換価分割、代償分割と3種類あります。トラブル防止には遺産分割協議書の作成も重要です。その他、遺言の書き方や遺留分(権利の最低保障割合)も定められています。

相続税の申告における相続財産の中で不動産は大きな割合を占めますが、この不動産の調査、価値把握には専門的な知識と時間を要します。不動産の専門家である不動産鑑定士が対象不動産を正確に調査及び価格の妥当性を検証することにより、納税者から喜ばれる申告が期待出来ます。#相続税申告 #相続 #税

Twitter不動産鑑定士 清水達也@kanteikakuyasu

返信 リツイート 昨日 8:09

共有持分 複数の人が一つの物を共同で所有しているとき、それぞれの人がその物について持っている所有権の割合を「共有持分」という。 相続が発生し、3人の子が1つの土地を相続したとき、遺産分割をする前の時点では、各相続人の土地に関 #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K_fudosan

返信 リツイート 昨日 2:46

非嫡出子は嫡出子の二分の一の割合相続分を持つ

Twitter宅地建物取引主任者BOT@syuninsyabot

返信 リツイート 2/21(金) 19:29

相続財産の一部が未分割となっている場合の相続税の課税価格の計算】 相続税法55条に規定されているなかで「民法(第904条の2(寄与分)を除く。)の規定による相続分又は包括遺贈の割合」をどのように解するかによって二通りの考え方がある。 tax365management.com/become-a-trust… pic.twitter.com/Afw7C9jodr

TwitterJTMI 税理士法人 日本税務総研 | 相続税申告のワンストップサービス@JTMItax365

返信 リツイート 2/21(金) 17:00

遺言は「遺留分」の減殺請求をされることも 遺留分とは、相続人が取得できる最低限度の相続分として民法が保証している割合のこと。遺言書などによって遺留分を侵害された相続人は、遺留分の財産を請求する権利があります。

Twitterシヴィル司法書士事務所@相続専門@civil_shiho

返信 リツイート 2/21(金) 16:08

返信先:@LQliFj4ZNAsnCmX 「大きなお金のエネルギーが渦巻いていて。来るような。来ないような……」 これらは 相続系のエネルギーで 争い奪い合う。 非常に疲れが酷く金運もパッとしないので相談したところ かなりの割合で生体エネルギーを奪われている血族との縁を断つのが一番だと💡 空良さんの優しさに癒されてます🌹✨