相続放棄の手順

相続放棄の手順

相続放棄の手順 相続とは財産を受け継ぐことができるわけですから、大抵の場合は得をすることが多いのですが、負の財産のほうが多い場合もあります。
受け継ぐほうが厳しい場合もあり、そんな時には放棄をすることになるでしょう。

手続きの書類を出すところは家庭裁判所であり、色々と持っていく物があります。
まず、相続放棄申述書が必要になりますし、亡くなった人の死亡の記載のある戸籍謄本、そして亡くなった人の住民票除票或いは戸籍附票、さらには届出をする人の戸籍謄本、さらには届出を出すには収入印紙が必要にもなります。

実はこれらの書類を提出して放棄するとしますともうそれだけで問題なくできるようになっているわけです。
相続をしない、という選択も当然ではありますがあるのですから、財産を正と負を完全に把握してどうするのかを決めるようにするのが基本になります。
自分で手続きをする事もできますがお金はかかりますが弁護士などに依頼するのもありです。

相続時に「一部放棄」は可能?

相続時に「一部放棄」は可能? 相続をしたいがいらない財産もあるから、それは放棄したいという考えを持つ人がいます。<br>言葉で言えば一部放棄ということになりますが、これは出来ないようになっています。

これができるようになってしまうと負の財産、つまりは借金だけは放棄して、よい財産だけ相続すると言うのができるようになりますから、認めていない行為になります。
ですから、単純承認をするか全部放棄するのかという事になります。
但し、ちょっと意味合いは変るのですが相続人で分け合うことは可能です。

弟にだけよい財産を相続させて、自分は負も含めて受け継ぐという形などは可能です。
もちろん、これはお互いに承認すればという場合においてのみになります。
はっきりいって片方のメリットがないのでやる人は殆どいないですが基本的に行うことができる行為である、というのは知っておく価値があります。

一部の放棄は不可能であり、あくまで全部受け継ぐ、ということしか制度上、出来ないようになっているのです。

新着情報

◎2019/12/12

相続に必要な処理は短期間で
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

相続を受けた場合の名義変更
の情報を更新しました。

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 放棄」
に関連するツイート
Twitter

五  贈与、和解又は仲裁合意(仲裁法 (平成十五年法律第百三十八号)第二条第一項 に規定する仲裁合意をいう。)をすること。 六  相続の承認若しくは放棄又は遺産の分割をすること。

TwitterThe Civil Law Bot@Minpoubot

返信 リツイート 7:26

本日の第13回目は相続相続の基礎と法定相続人、代襲相続放棄、遺産分割と遺言・遺留分、相続税の仕組みと基礎控除・相続税の申告と特例です。 / 京都リビング新聞社カルチャー倶楽部 2020年1月検定向け「FP3級資格取得講座」 kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/blog-entry-327…

遺留分を放棄することは可能。被相続人の生前、遺留分を放棄するには、家庭裁判所の許可が必要となる

Twitter宅地建物取引主任者BOT@syuninsyabot

返信 リツイート 5:59

「へぇ~…○○(俺の名字)って名字、そこの人の印象なんだよね」みたいなやりとりはあったな。(当時はよく知ってるなぁくらいの印象…後に理由が判明)まぁ、現在は、祖父はとっくに他界してるので、父の代なんだが、「面倒くさい」って理由で山やら田畑やらの相続を完全放棄しとるがw

親の知り合いの相続の遺産分割協議書のアドバイスしたけど、相続放棄概念の理解に溝があって最後でずっこけそうになった

返信先:@ponta_shibainu なるほど 相続放棄した方がいい場合もあります💧

相続人は自己のために相続の開始があったことを知った時から1ヵ月以内に、相続の承認、又は放棄をしなければならない×   (3ヵ月)

知らない親戚が知らない間に亡くなって知らない間に法定相続人になっても、「登記しない方が悪い」ので、相続放棄する事も出来ず、犯罪者扱いされた上、過去に遡って税金を搾り取る改正。

お疲れさまです! ん〰️💦35年振りぐらいに母親と 電話で話しました… とは言っても幼少期の記憶があまりないのですが… 35年振りの電話が相続の話… ヘビーだよな😵 私は貰う権利はない…って言ってくれた母親でした😅 でも放棄出来ないみたいで… 法律のバカヤロー😭