負債放棄のために相続を理解

負債放棄のために相続を理解

負債放棄のために相続を理解 相続は、民法によって規定されている手続きであるため、何もしない状態のまま普通に相続手続きをすると法定割合によって遺産が継承されます。ただ、負債が存在している状況で通常通りに手続きを行うと、その負債分も継承してしまうことになるためこの部分をきちんと無くすように手続きしなくてはいけません。この方法は3つあり、まずは手続きをしない方法です。相続権には時効が存在しますので、何もしない状態で放置しているとそのまま時効が成立します。
次に、限定承認で、これは財産と借金の割合を比較して財産の割合が多い時にその分だけ遺産を引き継ぐことができる方法です。そして最後が放棄で、文字通り相続に関連するあらゆる権利を放棄する方法です。この場合は、他の手続きと異なって手続きをして通った後は後から財産が見つかっても一切主張することができなくなります。時効消滅の時は消滅まで時間がありますし、限定承認も事後的なものに関しては家族で話し合うことになるため、この違いを理解しておきましょう。

相続のデメリットを解消できる良い方法がある

相続のデメリットを解消できる良い方法がある 相続は、故人の遺産を継承できるという大きなメリットがあります。しかし、遺産の継承の中には実はその人にとって不都合なものも存在するということを知っておく必要があります。この代表的なものが、借金です。遺産に借金ばかりが存在するときにそれを相続してしまうと、実はその借金を相続した人が肩代わりしなくてはいけなくなります。こうならないようにするためには、相続放棄という権利そのものを放棄する手段を行使しなくてはいけません。
では、相続権を放棄することにデメリットはないのでしょうか。確かに、権利を放棄するとその後にどのような主張をしたとしても財産を継承することができなくなります。一方で、故人に借金しか残されていなかったときにはそもそも遺産を受け継ぐメリットが存在しません。むしろ、相続放棄をするほうが後のトラブルを回避できるという利点が生まれます。そのため、必要があるときには権利を放棄して遺産を継承しないという選択肢もありなのです。

新着情報

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 負債」
に関連するツイート
Twitter