負債放棄のために相続を理解

負債放棄のために相続を理解

負債放棄のために相続を理解 相続は、民法によって規定されている手続きであるため、何もしない状態のまま普通に相続手続きをすると法定割合によって遺産が継承されます。ただ、負債が存在している状況で通常通りに手続きを行うと、その負債分も継承してしまうことになるためこの部分をきちんと無くすように手続きしなくてはいけません。この方法は3つあり、まずは手続きをしない方法です。相続権には時効が存在しますので、何もしない状態で放置しているとそのまま時効が成立します。
次に、限定承認で、これは財産と借金の割合を比較して財産の割合が多い時にその分だけ遺産を引き継ぐことができる方法です。そして最後が放棄で、文字通り相続に関連するあらゆる権利を放棄する方法です。この場合は、他の手続きと異なって手続きをして通った後は後から財産が見つかっても一切主張することができなくなります。時効消滅の時は消滅まで時間がありますし、限定承認も事後的なものに関しては家族で話し合うことになるため、この違いを理解しておきましょう。

相続のデメリットを解消できる良い方法がある

相続のデメリットを解消できる良い方法がある 相続は、故人の遺産を継承できるという大きなメリットがあります。しかし、遺産の継承の中には実はその人にとって不都合なものも存在するということを知っておく必要があります。この代表的なものが、借金です。遺産に借金ばかりが存在するときにそれを相続してしまうと、実はその借金を相続した人が肩代わりしなくてはいけなくなります。こうならないようにするためには、相続放棄という権利そのものを放棄する手段を行使しなくてはいけません。
では、相続権を放棄することにデメリットはないのでしょうか。確かに、権利を放棄するとその後にどのような主張をしたとしても財産を継承することができなくなります。一方で、故人に借金しか残されていなかったときにはそもそも遺産を受け継ぐメリットが存在しません。むしろ、相続放棄をするほうが後のトラブルを回避できるという利点が生まれます。そのため、必要があるときには権利を放棄して遺産を継承しないという選択肢もありなのです。

新着情報

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 負債」
に関連するツイート
Twitter

明日はね…精神科行って、ミュゼの解約、それから弁護士事務所に行くのね。父親の負債を減額できないか…相談に。 精神疾患あるし当時、相続放棄とかそんなこと考えられなかったね…。前の父の相続放棄のことは考えてたのにな。 母親は破産手続きしたからとりあえず心身は守られそうや。良かった。

明仁や徳仁には侵略責任はないという人がいる。確かに一般には親の責任を子が問われるいわれはない。だが天皇は個人ではなく世襲の地位。財産だけ相続して負債相続しないなど許されない。嫌なら天皇辞めろという話。自分の意思で生前退位を言い出せるなら、皇籍離脱して生活保護を申請すればよい。

Twitterペロンパー(前事不忘 後事之師)@klezmer722

返信2 リツイート66 昨日 4:28

元父親に負債があったせいで相続放棄の手続きをしなければいけないことが発覚。親って何だろうね。相変わらず悲しみの感情は一切湧いてないけど、憎しみだけは生まれた。ちなみに役所は、“亡くなった事”ではなく“亡くなった事により発生した負債”を連絡してきていた。ただただ胸糞が悪い。

個人的には、「財産相続というより、財産は持ち主の自由な判断で利用できるべきで、生前死後の譲渡もその限りではない。」というのがリバタリアニズムの考えだと思います。負債相続人の財産ではなく債権者のもので、債務者の負債を親類が相続する義務はないでしょう。 (契約上の保証人は除く) twitter.com/sackwithglasse…

財産は物として存在するから無主物としても先占すれば実質相続したことになるけど、負債相続って死者の権利義務は子に引き継がれるとかいう一般的な原則がなければ行われなくない?

Twitter透明作画崩壊探偵※※※@sackwithglasses

返信 リツイート 10/15(火) 9:15

リバタリアンが語る相続の話って負債の場合はどうなんだろうな 相続放棄って認められるのかな? し

Twitter透明作画崩壊探偵※※※@sackwithglasses

返信1 リツイート 10/15(火) 9:06

返信先:@bonescintigraph 相続の手続きを勘違いしているようですね。先に単純承認か限定承認か相続放棄かを選択した後で、誰が何を相続するかを決めます。なので、個々の資産や負債について相続を選択することは不可能です。(もし可能なら誰もが資産だけ選択して借金を放棄してしまいますよね。)

返信先:@tw_rie そんなものだよ。。、 でも、相続する時に負債も一緒に相続になるからある意味放棄した方がいい場合もあるんだよね、。。

家族に内緒で借金していて、その人が死亡。死亡3ヶ月後に取り立てがきたら? →負債があったことについて相続人が善意無過失なら、相続財産があったのを知った時から3ヶ月以内と、相続放棄期限の起算日をずらせる。そういう最高裁判例がある。

持ち家は負けよ…修繕費固定資産税保険料住宅ローン相続税等…自然災害の多い日本じゃどうやっても一代限りの負債。賃貸社会にシフトした方がいい…日本人の持ち家離れ