初心者のための相続情報サイト

遺産を相続したことで遺族が苦しむ事例

遺産を相続したことで遺族が苦しむ事例 遺産相続における失敗、遺族が逆に苦しんでしまう、ということがあるのはまず、借金がある場合でしょう。
土地家屋があり、そこに住んでいたが借金も多く、それも背負うことになる、といったパターンです。
まずは、これが考えられる事例でしょう。
ならば土地家屋を売ってしまって借金を消せばよいのでは、と思うかもしれませんが売ることもできないような土地であったりしますとそのまま借金を負いつつ、その上、売りにくい土地家屋であろうとも評価額的には課税されてしまうこともあったりしますと余計に苦しむことになります。
相続とは負の財産も負うことになる、というのはなかなか有名なことではありますが多少の財産があっても負の財産が多い場合は相続放棄のほうが得というのはあり得ることになります。
苦しむ事例で多いのはやはりキャッシュの相続がないのに不動産など受け継ぐ場合です。
そうなりますとかなり税金の支払いの工面に苦慮することになります。

遺言がない場合の配偶者の相続額

遺言がない場合の配偶者の相続額 遺産相続というのは物凄くトラブルになると思うでしょうが、しかし法律的に従うのであれば揉める要素というのはかなり排除されるようになっています。
遺言書がある場合などは逆に揉めることが多いのですが、ない場合は誰にどのくらいのウエイトで相続するのかと言うのが決まっていますが法律通りに処理すればまったく問題ないことになります。
具体的には伴侶がいればそれに半分、子供がいれば残りの半分は子供の人数割りで、となるのです。
伴侶しかおらず、子供がいない場合においては両親にもいくことになります。
伴侶に2/3、残りの1/3は両親へ、と言うことになるわけです。
さらには配偶者がいて、両親はどちらも他界、しかし兄弟がいる場合においてもパターンとしています。
この場合は配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4になります。
兄弟姉妹は複数人であっても割合は変ることはないです。
1/4という割合は変ることはないです。
このように配偶者相続も状況次第で金額、割合が違ってきます。

新着情報

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 遺族」
に関連するツイート
Twitter

終活に掛かる費用「税金」 死んだ後は税金なんて関係ないと思われるかもしれませんが、支払い義務は遺族に移ります ・相続した金額により算出した相続税 ・前年度の収入により算出した住民税 主に発生する税金はこの2つ 遺族の負担を軽減する為にも、生前中に節税を考えるのも終活の一つです

返信先:@kotori1110 慣れたとはいえ疲れました(T_T) 残された遺族としては大人しく一族の迦楼塔に入って、が本音です。迦楼塔も今は色々と難があるみたいですけども。 身辺整理、大事ですよねぇ。相続含めて整理されているとどれだけ楽になるか…。

民主党政権時代に祖父母の相続問題がこじれてたんだけど、あの頃の株価が激安で、現金化したら遺族全員が大損したとボヤいていた。

Twitterプレジデントマン👯💽👡📚👲@AGE43

返信 リツイート 13:11

返信先:@sutehagerion それだよ 遺族相続放棄すればいいのだから

返信先:@sforest1975他1人 まあ口座を解約するのも手間ですものね。開いた支店でないとできないとか、地銀だった場合引っ越したりしたら遠方ならもう出来ないも同然だし。「本人確認」という壁がね。今死んじゃったりしたら残高があれば遺族には大迷惑。数万くらいの残高なら捨てですかね。(相続人全員のハンコやら書類の山やら

昨年亡くなった祖父の相続の書類に、遺族総出で20枚も30枚も住所氏名を書きまくった。学生以来だわ、こんなにペン握ったの。

おそらくこれが「遺族の為になる終活」なのだと思う。 もちろん、借金含めた相続や葬儀費用の積立て等もあるが、少なくとも好き勝手に決めた奇抜な墓を建てる事が遺族の為になるとは思えない。 「俺の時にお前が困らないように」と言い方々へ同行させた父の終活はとても助かっている。

年々ふえている相続トラブル 相続発生後に遺族が悩むケースは多く、家庭裁判所への相談件数は年々ふえています。円満な相続のためには、民法や手続について理解し、時間をかけて備えることが必要です。

Twitterシヴィル司法書士事務所@相続専門@sivil_shiho

返信 リツイート 7:09

職業訓練給付金や失業手当や遺族年金、障がい者年金、高齢者の年金、貯蓄あり、名義移した自営業、相続、学生特例免除でも組み合わせ可能な非課税なので、前年度比年収単なるアルバイトでも前年100万円以下であれば住民税非課税になります。

ことを説明できません(入口非課税出口非課税になってしまう)。障害年金や遺族年金の受給者でも所得の高い者に対しては課税対象にすべきという意見が強いのです。どうも立法過程においては、老齢年金も非課税対象にすべきとの意見が多かったようです。なお、遺族年金には相続税が課せられません。

Twitter大河内満博(社労士講師Oh_Coach)@tomofullmoon

返信 リツイート 昨日 22:17