相続の権利について

相続の権利について

相続の権利について 人が亡くなったときには、生前にその人が持っていた財産は相続人に引き継がれることは多くが知っています。
ただ、その権利がどうやって取り決められているかはあまり知っている人は多くありません。
まず法律においては、例として親にあたる人が世を去った時点で、生存配偶者がいればその配偶者は他の子や親や兄弟姉妹とともに相続人になります。
離婚した元配偶者や内縁関係にある配偶者には相続権はありませんので注意しましょう。
内縁関係である場合、法律に基づく配偶者とは言えない者として扱われるため財産は受け継ぐことができなくなっています。
被相続人である亡くなった方に子供がいれば、その子は財産を受け継ぐことが可能です。
そして、もう一つ重要なことですが養子も子供と同等の資格を持つことになります。
さらには世を去った親の方がその子を生前に認知もしくは遺言によって認知している場合に限り、非嫡出子にも権利があると決められています。
よく財産の継承にあたってトラブルになりやすいのは、こうした部分が影響しています。
法律の専門家とも充分に話し合いながら決めていくのが通常です。

相続時の計算方法や決まり事などに関する説明

相続時の計算方法や決まり事などに関する説明 遺産の相続を行う時には、対象になる遺産に対して一定額の税金を支払う義務が生じます。
この金額がいくらになるかはどの遺産を対象にするのかや相続人数などを元にして計算するのですが、正確な判断には専門的な知識が必要になる上に申告期限があるので、なるべく効率的に確実に行う必要があります。

具体的な方法としては、財産の把握と関係者との意思の疎通などを行う事が大切になります。
財産の把握はどのような物が対象になるのかを調べて把握する事で、相続可能な物やそれらを譲り受けた場合に必要な税金の計算のために行います。
算出対象になる財産としては現金や土地、株式などが主になります。

関係者との意思の疎通は、把握した財産を元にしてだれがどのような物を受け継ぐのかを決める作業が主になり、あらかじめ話し合って相続の条件を決めておくことで後の揉め事や不和を出さないようにするために行います。
個人の立場では対応が難しい場合やわからない事がある場合は、税理士や弁護士などの専門職に相談するといいです。

新着情報

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 権利」
に関連するツイート
Twitter

会社は、自然人と性質上異なる観念的な存在だから、自然人に特有な身体・生命に関する人格権および親族法上の権利(親権・相続権等)を有しない。

【胎児の権利能力】 いつから人間になるか? →全部露出説 →原則、胎児には権利能力なし 例外 ①不法行使に基づく損害賠償請求権 ②相続 ③遺贈の受遺者 ④父による胎児の認知

遺言は万能ではない。遺言をしても法定相続人には遺留分があり法定相続分の1/2は相続する権利がある。相続トラブルを根絶するには、生前に資産を贈与する以外に方法はない。

Twitter金持ち大家ツイートまとめ@okeasy738fkd

返信 リツイート 17:28

トレンドに入っている「長男以外」。見事に僕は普通の男じゃなくなってしまった(当然)...。まぁ長男の嫁さんになると色々と大変なこともあるから仕方ないよね。でも、もしも両親が亡くなったら遺産相続権利は次男も三男も均等にと主張してくるんだろうな。世知辛いぜ。

Twitter大城密@何度でも紙飛行機が届くまで@oshirohisoka

返信 リツイート 17:08

日本国憲法 第3章 国民の権利及び義務 〔家族関係における個人の尊厳と両性の平等〕 第24条 2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

国土法の届出は、所有権、地上権、賃借権(権利金のことで、地代や敷金ではない)等の権利の取得を目的として、対価を得て行われる契約であることが必要である。抵当権を設定する場合や、相続・合併、時効取得、贈与契約の場合は届出が不要である。

Twitter宅建覚え書き@1925_1096

返信 リツイート 15:07

(最判平 5.1.21)無権代理人が本人を…共同相続した場合…、無権代理行為を追認する権利は、性質上相続人全員に不可分的に帰属するところ、追認は…共同相続人全員が…行使しない限り、無権代理行為が有効…ではない。…無権代理行為は、無権代理人の相続分…においても、当然に有効…ではない

無権代理人が権利相続するというのはちょっと分かりづらいけど、例えば犬神家一族みたいなやつだ。 自分には最初相続権が無いのに、身内だから勝手に財産を自由にできるように振る舞う。 相続権がある身内が死ねば、当初予定にはなかったが自分が相続権を得る。

Twitterゆあん大帝(ゆあそ)@yuantaitei

返信 リツイート 12:55

返信先:@akari1187 気を使う人が違いますよね😢 相続する権利がお互いにあるからこそ、お手伝いをしているお父様お母様に気を使って譲っていただきたいものですが。。。 やはり誰かが我慢をしないと揉めてしまうんですね😢

【解除条件説】胎児もすでに制限的な権利能力があるが、死産の場合には、はじめから権利能力がなかったものとして取り扱うというもの。胎児の母は胎児を代理することができ、相続についてもその時点で相続することになる。死産の場合はそれまでの法律行為をすべて元に戻さなければならない。

Twitter公務員勉強用@a_t4a64

返信 リツイート 11:45