相続の権利について

相続の権利について

相続の権利について 人が亡くなったときには、生前にその人が持っていた財産は相続人に引き継がれることは多くが知っています。
ただ、その権利がどうやって取り決められているかはあまり知っている人は多くありません。
まず法律においては、例として親にあたる人が世を去った時点で、生存配偶者がいればその配偶者は他の子や親や兄弟姉妹とともに相続人になります。
離婚した元配偶者や内縁関係にある配偶者には相続権はありませんので注意しましょう。
内縁関係である場合、法律に基づく配偶者とは言えない者として扱われるため財産は受け継ぐことができなくなっています。
被相続人である亡くなった方に子供がいれば、その子は財産を受け継ぐことが可能です。
そして、もう一つ重要なことですが養子も子供と同等の資格を持つことになります。
さらには世を去った親の方がその子を生前に認知もしくは遺言によって認知している場合に限り、非嫡出子にも権利があると決められています。
よく財産の継承にあたってトラブルになりやすいのは、こうした部分が影響しています。
法律の専門家とも充分に話し合いながら決めていくのが通常です。

相続時の計算方法や決まり事などに関する説明

相続時の計算方法や決まり事などに関する説明 遺産の相続を行う時には、対象になる遺産に対して一定額の税金を支払う義務が生じます。
この金額がいくらになるかはどの遺産を対象にするのかや相続人数などを元にして計算するのですが、正確な判断には専門的な知識が必要になる上に申告期限があるので、なるべく効率的に確実に行う必要があります。

具体的な方法としては、財産の把握と関係者との意思の疎通などを行う事が大切になります。
財産の把握はどのような物が対象になるのかを調べて把握する事で、相続可能な物やそれらを譲り受けた場合に必要な税金の計算のために行います。
算出対象になる財産としては現金や土地、株式などが主になります。

関係者との意思の疎通は、把握した財産を元にしてだれがどのような物を受け継ぐのかを決める作業が主になり、あらかじめ話し合って相続の条件を決めておくことで後の揉め事や不和を出さないようにするために行います。
個人の立場では対応が難しい場合やわからない事がある場合は、税理士や弁護士などの専門職に相談するといいです。

新着情報

◎2020/3/26

トラブル無く終えたい場合
の情報を更新しました。

◎2020/3/4

親戚関係でお金が動くのか
の情報を更新しました。

◎2020/2/3

財産だけでなく負債もついてくる
の情報を更新しました。

◎2020/1/9

基礎控除額の計算方法
の情報を更新しました。

◎2019/12/12

相続に必要な処理は短期間で
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

相続を受けた場合の名義変更
の情報を更新しました。

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 権利」
に関連するツイート
Twitter

相続に関する民法の条文をひとつ紹介します。 第896条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

Twitter山下司法書士事務所@yamashitashoshi

返信 リツイート 5:17

勉強ポイント✨ ・権利関係 無権代理人Aが死亡し、それを相続したBは、契約の相手方CがAの行った無権代理につき善意無過失であればBはCから損害賠償の請求を受ける場合がある。 Aを相続したBは「責任も相続する」ことになるので、Cから損害賠償を請求される場合があります!

Twitter【!!宅建独学合格!!勉強ポイント】@takkenpoint

返信 リツイート 4:48

勉強ポイント✨ ・権利関係 相続人が複数いる場合、相続財産である金銭債権は分割することができ、各相続人は債務者に自らの相続分に応じて弁済請求できる。 相続人は自分の相続分の範囲内で債務者に「お金を返せ!」と言えるということ! #宅建 #宅建勉強中 #宅建垢さんと繋がりたい #宅建独学

Twitter【!!宅建独学合格!!勉強ポイント】@takkenpoint

返信 リツイート 3:48

(第二十八条続き)社会生活において家長および男子の専横を可能とする非民主的な戸主制ならびに家督相続制はこれを廃止する。夫婦ならびに親族生活において女子にたいする圧迫と無権利とをもたらす法律はすべて廃止される。(第二章 人民の基本的権利と義務)

Twitter日本人民共和国憲法草案bot@JCP_peoples_re

返信 リツイート 2:01

2019年7月1日前の相続であっても、7月1日以後に遺言執行者となった者は、1007条2項(相続人に対する通知義務)及び1012条(遺言執行者の権利義務)が適用される。なお、この遺言執行者には特定財産承継遺言(相続させる旨の遺言)の登記申請権限はない。

(条件の成否未定の間における権利の処分等) 第百二十九条  条件の成否が未定である間における当事者の権利義務は、一般の規定に従い、処分し、相続し、若しくは保存し、又はそのために担保を供することができる。

TwitterThe Civil Law Bot@Minpoubot

返信 リツイート 0:56

「ですがここを管理して頂かねば、相続権利は失われてしまいます」 「そりゃあ、そうなるか」 「放棄なさいますか?」 答えはNOである。家にも金にも執着はないが、せっかく継いだものであるし、あの蒼い男から逃げたと思われるのも癪だった。 「まあ。ほどほどにやってみるさ」

Twitterエルザ@固ツイに通販@elza_ordinary

返信 リツイート 0:46

【包括受遺者】…包括遺贈を受ける者。本来相続人ではないが、実質的に相続人の地位と類似しているので、民法上相続人と同一の権利義務を有するものとされ、遺言者の一身専属的権利を除く一切の権利義務を承継する。

返信先:@CyndiCowper 신디상 오랜만이에요!☺ 法的には相続権利があることになっているが変えようと請願進行中です。

第二十四条 勤労にもとづく財産および市民としての生活に必要な財産の使用・受益・処分は法律によつて保障され、その財産は相続を認められる。社会的生産手段の所有は公共の福祉に従属する。財産権は公共の福祉のために必要な場合には法律によつて制限される。(第二章 人民の基本的権利と義務)

Twitter日本人民共和国憲法草案bot@JCP_peoples_re

返信 リツイート 昨日 23:31