相続するときには登記の手続きを

相続するときには登記の手続きを

相続するときには登記の手続きを 不動産を相続する時には、その所有権を法律的に認めてもらうために登記の手続きをするように心がけておくことが大切です。
本人が自分のものだと宣言したとしても、法律的にそれが認められるわけではありません。法律的に所有を認めてもらうためには、登記という専門的な手続きをする必要があります。ただ、この手続きに関しては専門的な知識が必要になりますので、普通は司法書士などに相談をして手続きをすることになります。特にこういったことが重要になるのは遺産分割があった場合です。遺産分割をして特別に土地や不動産を所有することになった場合には、その権利関係をはっきりと確定させるためにこういった手続きをしなくてはいけません。仮に、何もしないでいると他の第三者がその物件や家等について所有を宣言した場合には、その人に対して権利を渡ってしまう可能性すらあります。ですから、特に相続に関しては権利関係を確定させるために必要な準備であるということを知っておく必要があるのです。

土地の相続をすることになったら

土地の相続をすることになったら 土地の相続をする場合にしなければいけないことは、まずその土地の名義を変更するために相続登記の手続きをします。その後、相続税を計算してその支払いをしなければなりません。
兄弟がいる場合には、よく話し合って誰が管理するのかを決めないといけませんし、兄弟みんなで共同名義にして所有することも可能です。相続登記の手続きは、その不動産の存在する場所の法務局にて行いますので、自分が遠くに住んでいるのであれば手続きは専門家に依頼した方が不備もなくて迅速に行うことが出来るかもしれません。その手続き自体にも費用がかかりますので、そういった費用や労力について事前にしっかりと把握しておくことが重要でしょう。手続きが完了してからも、色々な責任や支払い義務が発生することもありますので、専門家に相談して確認しておくと良いかもしれません。そういった義務を怠ることでペナルティが生じてしまう場合もありますから気をつけてください。

新着情報

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 土地」
に関連するツイート
Twitter

財産税は三種類あります。 相続税財産を相続又は遺贈により取得したときにかかります。 贈与税個人から財産をもらったときにかかります。 地価税土地や借地権などにかかります。 (平成10年以後は課税が停止されています。)

Twitterサルでもわかる資金運用@moneymanegement

返信 リツイート 0:35

相続税対策で土地を生前贈与する方法 souzokuzei-guide.com/a14.html

返信先:@u_chu_7 「彼らは一体なにを言い争っているんです?」 『どうも親子のようで、この土地は父親のものだったようなんですが…』 「なるほど、父親の方はもう他界していて息子の財産として引き継がれているというわけですか」 『ええ、お互いが自分の土地であると主張しているようで』 「相続ならぬ争続ですね…」

父親の死をきっかけに莫大な遺産と呪われた城を相続してしまう主人公にグくんを、父親の友人の貿易商と見せかけて父親の悪さを告発しにきた間諜の7、城のある土地の領主のパー様みたいなキャスティングしとった

土地の賃借人を相続し、この土地の占有権を取得した者は、たとえ被相続人の占有が自主占有であると過失なく信じた場合であっても、短期取得時効によりこの土地を取得することはできない。

Twitterジャンピングニーパッツ@bomMchO314

返信 リツイート 昨日 23:27

三兄弟の親の料理屋は借地だったんだろうか?自分の土地だったら、絶対相続権が生じるし、借地権もあるはず。そのお金を巡って、兄弟ばらばらになるというのはあるが、無一文っていうのはなあ。#なつぞら

子どもに財産を残すこと以上に大切なことは、子どもに相続税の納税資金を準備しておくことです。 売れない土地を残されたところで、子どもは現金で納税しなければなりません。

Twitter相続茂樹@正しく生前贈与@souzokushigeki

返信 リツイート 昨日 22:36

共有物分割 共有物を単独者の所有物とするために分割すること。例えば、相続によって共有している土地を分け合う場合は共有物分割に該当する。 それぞれの共有者はいつでも分割の請求をすることができる。ただし、契約によって5年以内は #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K_fudosan

返信 リツイート 昨日 22:16

RT @archerknewsmit: 「和人3.5ha」はどこからのどの和人対象?保護法給与地と同じく、相続以外の譲渡、質権、抵当権、地上権、永小作権も全部禁止されたのか。アイヌも全員給与地申請をしたのか。和人に比べて土地の質は同じだったのか。和人への土地処分は優先されなかっ…

あと国!国だよ国!「相続ができていない土地が沢山ある(キリッ」じゃねえよ!まずはお前らが陸軍省とか逓信省とかどうにかせえよ!現管理者がわかるから大丈夫ーじゃなくて登記簿上の名義者を正せっつうならな!まずはお前らから襟元正せ!