相続するときには登記の手続きを

相続するときには登記の手続きを

相続するときには登記の手続きを 不動産を相続する時には、その所有権を法律的に認めてもらうために登記の手続きをするように心がけておくことが大切です。
本人が自分のものだと宣言したとしても、法律的にそれが認められるわけではありません。法律的に所有を認めてもらうためには、登記という専門的な手続きをする必要があります。ただ、この手続きに関しては専門的な知識が必要になりますので、普通は司法書士などに相談をして手続きをすることになります。特にこういったことが重要になるのは遺産分割があった場合です。遺産分割をして特別に土地や不動産を所有することになった場合には、その権利関係をはっきりと確定させるためにこういった手続きをしなくてはいけません。仮に、何もしないでいると他の第三者がその物件や家等について所有を宣言した場合には、その人に対して権利を渡ってしまう可能性すらあります。ですから、特に相続に関しては権利関係を確定させるために必要な準備であるということを知っておく必要があるのです。

土地の相続をすることになったら

土地の相続をすることになったら 土地の相続をする場合にしなければいけないことは、まずその土地の名義を変更するために相続登記の手続きをします。その後、相続税を計算してその支払いをしなければなりません。
兄弟がいる場合には、よく話し合って誰が管理するのかを決めないといけませんし、兄弟みんなで共同名義にして所有することも可能です。相続登記の手続きは、その不動産の存在する場所の法務局にて行いますので、自分が遠くに住んでいるのであれば手続きは専門家に依頼した方が不備もなくて迅速に行うことが出来るかもしれません。その手続き自体にも費用がかかりますので、そういった費用や労力について事前にしっかりと把握しておくことが重要でしょう。手続きが完了してからも、色々な責任や支払い義務が発生することもありますので、専門家に相談して確認しておくと良いかもしれません。そういった義務を怠ることでペナルティが生じてしまう場合もありますから気をつけてください。

新着情報

◎2020/2/3

財産だけでなく負債もついてくる
の情報を更新しました。

◎2020/1/9

基礎控除額の計算方法
の情報を更新しました。

◎2019/12/12

相続に必要な処理は短期間で
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

相続を受けた場合の名義変更
の情報を更新しました。

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 土地」
に関連するツイート
Twitter

東松山市内で売却物件を募集中です!相続でお困りの土地・一戸建・アパート・その他不動産の買取致します!無料査定だけでもお気軽にどうぞ!k-land.co.jp/baikyaku/

Twitter笠原 貞一/株式会社カサハラらんどホーム 鶴ヶ島市 不動産販売@teiichikasahara

返信 リツイート 3分前

ふじみ野市内で売却物件を募集中です!相続でお困りの土地・一戸建・アパート・その他不動産の買取致します!無料査定だけでもお気軽にどうぞ!k-land.co.jp/baikyaku/

Twitter笠原 貞一/株式会社カサハラらんどホーム 鶴ヶ島市 不動産販売@teiichikasahara

返信 リツイート 8分前

所沢市内で売却物件を募集中です!相続でお困りの土地・一戸建・マンション・一棟アパート・一棟マンション・一棟ビル・その他不動産の買取致します!無料査定だけでもお気軽にどうぞ!k-land.co.jp/baikyaku/

Twitter笠原 貞一/株式会社カサハラらんどホーム 鶴ヶ島市 不動産販売@teiichikasahara

返信 リツイート 13分前

返信先:@imschweinhund なるほど、じゃあ叔母さんが有事の際そのまま相続乗り出そうね 昨今土地相続は負の遺産になる事多くて大変だしいいのかもしれん

Twitterへれんの五月はどこ@hellen_nico

返信 リツイート 16分前

川越市内で市街化調整区域の土地を探しています!300坪以上の売却物件を募集中です!相続でお困りの土地の買取をしております!無料査定だけでもお気軽にどうぞ!k-land.co.jp/baikyaku/

Twitter笠原 貞一/株式会社カサハラらんどホーム 鶴ヶ島市 不動産販売@teiichikasahara

返信 リツイート 18分前

相続税」で絶対に損しないための基礎知識をわかり やすく解説! bit.ly/37QNIRF 相続税の物納は、かなり厳しい条件がついているので、相続税の納付後に、売れない家や土地が残って、現預金が減る状況になるのは避けたい。 だから、売れにくい実家を捨て値でも処分したいんでしょうね。 pic.twitter.com/hghnzkwLO6

さっきの話で出てきた「相続税評価額が、実際の取引相場とかけ離れていて、相続税の基礎控除分を圧迫してしまうから、土地を手放したい」という人は、結構、いそう。 親が土地や家を持っている人は、注意した方が良いですね。 相続時になって調べてみたら、評価額が意外に高くて困るかもしれません。 pic.twitter.com/CRbZhaY4vu

『(240区画のうち)残りの3分の2は空き家ですか? 相山:空き家というか、もう使われていない土地ばかり。 管理費も払ってない状態になってるとか、相続されても全然手続きがされていないとか。 相続人も行方不明になっちゃって、分かる範囲でやっているみたいです』 pic.twitter.com/pAORdVoErZ

土地相続したんですけど、利用予定がありません。三重県名張市冨貴ヶ丘三番町の住宅街の一角、約70坪の土地の更地をどなたか買ってもらえませんか?70万円でいかがでしょうか。値段交渉します!手続きは不動産屋さんに任せたいと思います。 ##土地 #売買

Twitterいけちゃん@gi_grx

返信 リツイート 10:19

相続税等における不動産の評価は原則財産基本通達によるが、その評価額が時価を上回ることがある。特に袋地、旧広大地、路線商業地、市街地農地、山林、傾斜地、市街化調整区域内の土地などでよく起きる。その場合、時価評価として不動産鑑定評価がよく用いられる。#市街化調整区域 #袋地 #崖 #広大地

Twitter不動産鑑定士 清水達也@kanteikakuyasu

返信 リツイート 9:59